TOP > 自然の中で > 法然寺 > その他

 法然寺

その他

  法然寺を開創した頼重公は、同時に門前町を開発し、そこに高松藩中の製麺業者を集めた。平池の水で水車を回し、小麦粉を挽いて無利子で貸し付け、製麺を奨励した。お城の役人が出向いての検査・仲買システムもできあがり、仏生山の人びとはみな麺づくりに精を出した。これが「さぬきうどん」の発祥。うどんが「文化」になる時代を、頼重公はお見通しだった?(法然寺ホームページ)(五重塔の完成予想イメージ図も)                      お寺の中にもうどん屋や花屋があります。昔は前池側に食堂もありました。総門の外には見返り地蔵堂。